携行品輸出 Handcarry

神戸税関本関にて携行貨物の輸出申告をする輸出者様は、日本真珠会館にある弊社保税蔵置場をご活用ください。携行貨物の輸出申告に限り、蔵置場搬入前に輸出申告を行うと同時に、特例により税関検査を受けることができ、その後保税蔵置場へ搬入することにより輸出許可を取得することができます。

営業時間

平日 10:00 ~ 17:30

必ず1営業日前までにご予約をお願い致します。
当日のご予約はお断りする場合がございますのでご了承ください。

ご利用料金

申込書のダウンロード

当サービスご利用のお客様は携行輸出貨物寄託約款に同意の上、申込書をダウンロードして利用するものといたします。

携行輸出貨物寄託約款

申込書

ご利用の流れ

JLS携行輸出貨物寄託約款に同意の上「日本真珠会館保税蔵置場 利用申込書」に記入いただき、利用日前日迄にJLSにファックス又はメールをお送りください。

輸出者様がご自身で輸出申告を行います。
必要な書類(輸出申告書、インボイス、確認書類等)と貨物を神戸税関本関 業務部へ持参し輸出申告を行い、輸出検査を受けます。

日本真珠会館3Fの弊社保税蔵置場へ搬入します。
税関が封印した貨物をJLS日本真珠会館蔵置場(受付3階)へ搬入し、JLSから預り証(税関用、輸出者用)を受け取ります。預り証は税関に対して保税蔵置場に搬入した証明となり、また許可後の当該貨物の荷渡指図書となります。

税関へ預り証(税関用)を提出して輸出許可を取得します。

輸出許可後、JLS日本真珠会館保税蔵置場で貨物を引き取ります。
利用料を支払い、輸出許可証の写し、預り証(輸出者用)と引換えに貨物を受け取ります。

輸出地の空港の税関で搭載確認を受けて搭乗します。

不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。